横浜港パノラマ写真

団塊世代の見なさん、あなたの経験、技術、人脈を地域に生かしてみませんか。多彩なプログラムと働き方で会員を募っています。企業OB人材活用活動、販路マッチング活動、創業経営支援活動、シニア交流活動、インターネット新聞活動、NPO支援活動

トップページへのリンク ハーバークラブへのリンク

 VMCYについて
 事業概要へのリンク
 組織概要へのリンク
 オフィス地図へのリンク
 ハーバークラブ
 トピックスへのリンク
 ハーバークラブ活動内容へのリンク
 ハーバークラブ会員申込みへのリンク
 セミナー申込みへのリンク
横浜産業新聞
 
中小製造業受発注サイト「横浜ネットワークプラス」へのリンク

横浜の発展振興に寄与するNPOへの寄付のお願い!
→詳細

VMCYは登録団体になって
います
 

未病をなおそう!
NPO法人ヴイエムシイは神奈川県
「未病を改善するかながわ宣言活動」
の登録団体となりました。

 
⇒詳細  
VMCY・ハーバークラブ会員募集中
 事務所所在地
 〒231−0001 横浜市中区新港2丁目2番1号
 横浜ワールドポーターズ6階 NPOスクエア6階
TEL&FAX :045-650-5858
e-mail:info@vmcy.com
                        ⇒詳細T  ⇒詳細U
   第141回ハーバークラブ定期講演会ご案内
 演題「〜台湾の戦後史と蔡英文政権2年目の現状〜」

講師:台湾独立建国聯盟日本本部委員長

【ご講演要旨】
民主的な親日国家として知られている台湾だが、戦後は長期間、中国国民党の一党独裁下に置かれていた。1947年には前途有為な若者を含む約3万人が虐殺された228事件、以後も38年間に亘る戒厳令下の人権弾圧など、戦後史は苦難の連続であった。今年は228事件から70周年、戒厳令解除から30周年の節目の年に当たる。過去の苦難の歴史を振り返りながら、台湾の現状と今後の展望について、王明理氏が語ります
■開催日時・会場
○日時:2017年10月27日(金)
 講演18:00〜20:00
・交流会:講師を囲んで交流会(お茶とサンドイッチをつまみながら)
○講演会場:横浜情報文化センター7階大会議室
(横浜市中区日本大通11番、TEL045−664-3737)
お申込は10月25日(水)まで
                             ⇒詳細・申込
  第140回ハーバークラブ定期講演会ご案内
 演題:「最近の金融経済情勢について」

講師:日本銀行横浜支店長 播本 慶子氏

【ご講演要旨】

最近の日本経済の動きのなかで、神奈川県経済の現状はどのように評価できるのか──雇用・所得をめぐる環境や個人消費の動向を交え、ご説明頂きます。
また、米国の経済政策運営や欧州の状況、中国をはじめとするアジアの動向などについても触れご解説頂きます。
■開催日時・会場
○日時:2017年9月28日(木)
 講演18:00〜20:00
・交流会:講師を囲んで交流会(お茶とサンドイッチをつまみながら)
○講演会場:横浜情報文化センター7階大会議室
(横浜市中区日本大通11番、TEL045−664-3737)
お申込は9月22日(金)まで
                             ⇒詳細・申込

 第139回ハーバークラブ定期講演会ご案内
  演題:〜空気駆動手術ロボットシステムの開発〜
   
講師:東京工業大学未来産業技術研究所 准教授只野 耕太郎氏 
【ご講演要旨】
ロボット手術では、低侵襲性と直感的な操作を両立できることから、近年その導入が 急速に進んでいます。 一方、現状では操作を視覚情報のみに頼っており、力の感覚 が伝わってこないことが一つの問題となっています。 我々はこれまで空気圧駆動を利用することで外力の検出、推定を可能とした腹腔鏡手 術支援ロボットの研究開発を行ってきました。 本講演では、上記システムの研究開 発事例とその過程で生まれた内視鏡ホルダ「EMARO」を」紹介します。
■開催日時・会場
○日時:2017年6月20日(火)
 講演18:00〜20:00
・交流会:講師を囲んで交流会(お茶とサンドイッチをつまみながら)
○講演会場:横浜情報文化センター7階大会議室
(横浜市中区日本大通11番、TEL045−664-3737)
お申込は6月13日(火)まで
 coming soon(HC講演会予告)               ⇒詳細・申込
 第138回ハーバークラブ定期講演会ご案内
 演題:「〜スポーツと体育の違い〜」
   
   ◆子供たちが豊かに育つ為に、スポーツが果たす役割◆         講師:元日本サッカー協会会長 犬飼基昭氏 

【ご講演要旨】
Jリーグ百年構想、各チームがそれぞれ地域密着型のスポーツクラブを持ち、そこには幅広い年齢の人達がサッカーや様々なスポーツを楽しめる施設があり、芝生の上ではお年寄りが孫とボールを蹴っている。このような環境が整い老若男女がスポーツに勤しむ情景を日常的に目にするようになった時、子供たちは心身ともに豊かに育って行くはずで、その先にはW-CUPトロフィーを手にする日も来るに違いない。スポーツ文化論的な視座から犬飼基昭氏のお話をお聞きします。
■開催日時・会場
○日時:2017年5月25日(木)
 講演18:00〜20:00
・交流会:講師を囲んで交流会(お茶とサンドイッチをつまみながら)
○講演会場:横浜情報文化センター7階大会議室
(横浜市中区日本大通11番、TEL045−664-3737)
お申込は5月19日(金)まで
 coming soon(HC講演会予告)               ⇒詳細・申込

 第137回ハーバークラブ定期講演会ご案内
  演題:「〜トランプ流排外主義とEUの行方
   
    〜国際総合研究所フェロー 岡部 直明に聞く

【ご講演要旨】
トランプ大統領就任後、矢継ぎ早に繰り出される大統領令、米国内で物議を醸しながらも、スタンスは一貫してアメリカ・ファースト。
英国のEU離脱が通告され、次はまじかに迫ったフランス大統領選と秋のドイツ国政選挙の帰趨が注目されるが、
果たしてEUの行方は如何に?
日経電子版でお馴染みの岡部直明氏に読み解いて頂きます。

■開催日時・会場
○日時:2017年4月24日(月)
 講演18:00〜20:00
・交流会:講師を囲んで交流会(お茶とサンドイッチをつまみながら)
○講演会場:横浜情報文化センター7階大会議室
(横浜市中区日本大通11番、TEL045−664-3737)
お申込は4月19日(水)まで
                         ⇒詳細・申込

 第136回ハーバークラブ定期講演会ご案内
  演題:「〜中国、「宇宙強国への野望〜
   〜科学ジャーナリスト 寺門 和夫氏 に聞く〜

【ご講演要旨】
中国が、ついに宇宙にも実効支配の触手を伸ばし始めました。米国も恐れるその宇宙進出の目的は何か? 衛星測位システム「北斗」構築や月探査衛星の打ち上げ、独自の宇宙ステーション計画など、その勢いは加速する一方です。また、人工衛星を攻撃するASAT(エーサット、対衛星兵器)の実験なども行っており、世界各国が懸念を強めています。そこで今回は、科学テレビ番組の解説でもおなじみの科学ジャーナリストの寺門和夫氏に、中国の宇宙開発の歴史や宇宙技術のレベル、共産党政権の政治的もくろみなどを分り易く解説して頂きます。

■開催日時・会場
○日時:2017年3月28日(火)
 講演18:00〜20:00
・交流会:講師を囲んで交流会(お茶とサンドイッチをつまみながら)
○講演会場:横浜情報文化センター7階大会議室
(横浜市中区日本大通11番、TEL045−664-3737)
お申
込は3月22日(水)まで

                         ⇒詳細・申込 

  第135回ハーバークラブ定期講演会ご案内
  演題:「〜認知症情動療法とは?
       新たな研究で認知症も介護もこわくない!〜

   〜認知症情動療法協会 専務理事 金田 江里子氏 に聞く〜

【ご講演要旨】
認知症にだけはなりたくない!これほど等しく共有できる価値観はない。現在、認知症の診断は認知機能検査(IQ)によるものが主体である。しかし脳機能には、喜怒哀楽や本能を司る大脳辺縁系という情動機能(EQ)がある。これを刺激することで、介護者も認知症本人も穏やかな生活が可能である。新たな研究結果をもとに認知症に対する意識改革と認知症情動療法につき金田氏に解説頂きます。

■開催日時・会場
○日時:2017年2月21日(火)
 講演18:00〜20:00
・交流会:講師を囲んで交流会(お茶とサンドイッチをつまみながら)
○講演会場:横浜情報文化センター7階大会議室
(横浜市中区日本大通11番、TEL045−664-3737)
お申
込は2月15日(水)まで

                         ⇒詳細・申込   

  ミニゴルフ倶楽部同好会

*ミニゴルフってなーに

*ミニゴルフ情報   海外スーパー4歳児達のショット映像です。
  http://blog.pr-minigolf.com/2016/08/14/movie/
BUY・ベンチャー東北運動「セールスパートナー事業」
 東北経済産業局及び(社)東北経済連合会が展開する販路開拓促進運動「BUY・ベンチャー東北運動」の一環として、東北経済産業局と連携し、首都圏等販路開拓支援事業 「セールスパートナー事業」を実施してきました。
 平成23年度については、平成22年度に検討を行った販路開拓支援モデルに基づいて、専門家による販路開拓プランの作成を中心とした販路開拓支援を行う販路開拓支援調査事業として、引き続きヴイエムシイが行うことになりました。
                    ⇒セールスパートナー事業詳細
横浜市・経済の新たな担い手創生事業 
 横浜産業新聞
 http://www.hamabiz.jp
横浜市が推進する「経済の新たな担い手創生事業」は横浜市と産業支援型NPO等が協働で経済活性化事業を推進することにより、横浜経済の活性化を図るとともに、継続的な支援により新たな担い手の成長・発展を促すことを目的とした事業です。
 VMCYは横浜のIT企業を中心とした最新産業情報を、インターネットで毎日発信する「横浜産業新聞」を設立・運営して、このポータルサイトを起点としたビジネスチャンスの拡大、企業間交流や産学連携等新たな活動・ビジネスの創出を目指す事業を行います。

→横浜市・経済の新たな担い手創生事業 
                                         [Top]

特定非営利活動法人 ヴイエムシイ
〒231−0001 横浜市中区新港2丁目2番1号
           横浜ワールドポーターズ6階 NPOスクエア
TEL/FAX:045-650-5858  
E-mail:info@vmcy.com