横浜港パノラマ写真
トップページへのリンク ハーバークラブへのリンク

第167回ハーバークラブ定期講演会
演題:「~バイデン政権の外交安全保障政策の行方

〇講師:佐藤 丙午氏 国際政治学者 拓殖大学教授 

 

【ご講演要旨】
 バイデン政権の外交安全保障政策の概要が明確になりつつある。その基本的な政策構想はトランプ政権の枠組みを継承するものになり、特に対中政策では強硬策の継続が見られる。しかし、中東問題では政策を転換するため、地域の不安定化が予想される。バイデン政権は国際協調を進めることを表明しているが、現時点の米国の国際的な地位を考えると、大国間の協調に限定されるか、同盟国間での協力を重視する対決型になる可能性がある。  






<開催要領> 
○日時:2021年4月23日()
  ・講演18:00~20:00
  ・交流会:コロナ禍により暫時中止し、間接的な名刺交換のみとします。
○講演会場:横浜市開港記念会館 1F 1号室。  
  横浜市中区本町1-6 TEL 045201-0708
  みなとみらい線日本大通駅 出口1から徒歩1分。
■会 費:ハーバークラブ会員1000円、一般・ビジター2000円
■申 込:4月20日(火)まで
■講師略歴

山県生まれ。一橋大学大学院修了(博士・法学)。
拓拓殖大学国際学部教授兼海外時事情研究所副所長。

防防衛庁防衛研究所主任研究官(アメリカ研究)を経て、2006年より現職。専門は国際関係論、

安安全保障論、軍備管理軍縮など。

202010年に外務省参与および外務大臣の政策参与(軍縮・核不拡散担当)を務める。

特特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の自律型致死兵器システム(LAWS)などの
国国連専門家会合に
本代表として出席。著作に、『自立型致死性無人兵器システム
(LAWS)』国際問題・20186月号)など。

■会 費  ハーバークラブ会員1000円、一般・ビジター2000円 

                                  →申込み
                        過去のハーバークラ講演会記録